MESSAGE

主催者メッセージ

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2022 in EZO 開催にあたって

いつもRISING SUN ROCK FESTIVALを応援いただき、スタッフ一同心より感謝申し上げます。

新型コロナウイルスによって全国各地のFESTIVALの開催状況は大きく変化しました。
まだ感染拡大の収束は見えませんが、開催にあたり参加していただく皆様をはじめ、地元の皆様、関係者の皆様のご理解とご協力が何よりも不可欠です。

今年は、過去とはちょっと違う特別なRISING SUNとなります。
入場者数は、各自治体及び音楽コンサートにおける新型コロナウイルス感染予防対策ガイドラインに従い、開催致します。
また本当に心苦しいですが、チケット金額を値上げせざるを得なくなりました。
このFESTIVALを継続する為に今出来ることを考えて出した結論です。ご理解いただけるようお願い致します。

今年はステージの数を減らし、「SUN STAGE」と、換気対策を考慮してスケールアップする「EARTH STAGE」、そして新しいエリアに出来る「Hygge STAGE」の3つのステージで開催致します。
新しく出来る“Hygge”(ヒュッゲ)とはデンマーク語で「居心地がいい空間」「楽しい時間」の事をさしていて、心穏やかに過ごせるような空間や時間を音楽と一緒に過ごして欲しいという思いから生まれました。
毎年地元のアートクリエイター達と会場を創作し、出演者もアコースティックLIVEからRISING SUNならではLIVEやパフォーマンスを企画しています。
そして、気になるアーティストのブッキングも進んでいます。
発表は北海道に桜が咲き始める頃を予定していますので、楽しみにしていてください。

1999年に初めて開催された時から掲げているポリシーとしての「DO IT YOURSELF」「RESPECT OTHERS」「LOVE & PEACE」は変わりません。
「分断」ではなく「調和」と「共生」、そしてウィズコロナでのマナーや人を思いやる気持ちを持って参加して欲しいと思っています。
何も無い広大な土地に、1年のうちたった2日間現れる“音楽の楽園”を復活させ、ウィズコロナ時代でのMUSIC FESTIVALの新たな一歩を皆様と一緒に踏み出したいと思います!!

 
2022年3月31日
株式会社 ウエス
RISING SUN ROCK FESTIVAL プロジェクトチーム
若林良三

 

RISING SUN ROCK FESTIVAL プロジェクトチームよりご連絡です。
 
今年のRSRは、コロナ禍で初の開催を迎えるにあたり、様々な対策を検討し、「特別な形でのRSR2022」として開催致します。
新たに会場内のルール等が変更となりますが、期間中、安心安全に滞在していただくためにも、ご来場者の皆様全員のご協力をお願い致します。
(新たなルール等の詳細につきましては、今後の情報をご確認ください)

今年大きく変更となる内容は下記です。
  • 収容人数に関しまして、自治体ガイドラインのレギュレーションに従い、例年より収容人数を減らして開催致します。
  • 今年はメインステージである「SUN STAGE」、換気対策を考慮し形を新たにした「EARTH STAGE」、自然豊かなイメージで装飾される新ステージ「Hygge STAGE」の3ステージでの開催となります。
    もちろんそれぞれのステージの鑑賞エリアは、ディスタンスを取って鑑賞していただけるよう、レイアウトを見直します。
  • 前回の開催から、消費税の増税や物資の高騰によりチケット金額を値上げせざるを得なくなってしまいました。
    また今回のチケットは、すべてスマートフォンの電子チケットになります。
    チケットの詳細や販売スケジュールは、4月中旬頃にお知らせ致します。
    何卒、ご理解いただきますようお願い申し上げます。
  • 今年はご来場の際に公式アプリのインストールが必須となります。
    公式アプリの詳細は、4月中旬頃にお知らせ致します。
  • テントサイトはすべての区画が最低でも1面は通路に面するようにレイアウトを変更致します。
    また、これまで当日に行っていたテントサイト利用証の引換は、すべて公式アプリ内で事前抽選・発行を行うため、当日、会場での引換は行いません。
  • 会場のレイアウトを一部変更することにより、オートキャンプエリアの区画数を増やす予定です。
  • グッズ売場についても混雑緩和のため、適切な販売方法の導入を検討中です。
 
今後も新しい情報は、本サイトはもちろん公式SNSでも発信して参りますので、フォロー等していただき、お見逃しのないようお願い致します。


2022年3月31日
株式会社 ウエス
RISING SUN ROCK FESTIVAL プロジェクトチーム