MESSAGE

主催者メッセージ

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2021 in EZOに参加される皆様へ
 
いつもRISING SUN ROCK FESTIVAL in EZOを応援していただき心より感謝申し上げます。
また、RSR2021開催のアナウンスが大変遅くなりましたことをお詫び申し上げます。

昨年8月のRSR開催中止から1年が経ち、いまだに新型コロナウイルスの感染が収束しない状況が続いています。
そんな辛い状況の中でも、安心・安全にフェスティバルを開催するためにはどうすれば良いのか、どうすればお客様に楽しんでいただけるのかをプロジェクトチームでたくさん議論致しました。
その結果、今年は安心・安全に音楽を楽しんでいただくことを優先に、新型コロナウイルス感染予防のガイドラインに沿った運営対策を取り開催をすることに致しました。

また、参加されるお客様・アーティスト・関係スタッフの安全を考慮した上で、ソーシャルディスタンスを踏まえた会場レイアウトの変更や会場内での新しいルール等を設け、
感染症の防止対策を徹底的におこなうとともに、皆さんの愛する音楽を心から楽しんでいただけるような環境づくりを進めていきたいと思っています。
※「新型コロナウイルス感染拡大防止の取り組み」の詳細はこちら
(随時更新致します)

そしてRSR2021開催に伴い、大きく変更になる点がございます。
まず、行政の定めるイベントにおける感染拡大防止ガイドラインを遵守し観客数を減らして開催します。
それに伴い、テントサイトを含む会場レイアウトが大きく変更となり、販売するチケットの種類と金額やテントサイトの受付方法や過ごし方、飲食のルール等が大きく変わります。
ステージは、SUN STAGE・EARTH TENT・RED STAR FIELDの3ステージとなります。
また、FORESTテントサイトエリアは今年はお休みとなります。
そして、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策として、ご来場者全員にRSR2021公式アプリのインストールと来場者情報登録が必須となります。
※その他、「RSR2021の変更点」の詳細はこちら

 新しいカタチでの開催を決めた根底には、私達は音楽の表現を止めたくない、アーティストとお客様がリアルに会える“LIVE”という場所を無くしたくない、そしてRISING SUNとすべての音楽FESTIVALの未来のために、前に進まなければいけないという強い思いがあります。
今年は参加される皆さんには、音楽ととも前に進んでいくという強い思いを共有していただき、RSR2021の新しいルールへのご協力を心からお願いしたいと思っています。

すでにアーティストブッキングも進んでいます。
今年も素晴らしいアーティストが最高のパフォーマンスをしてくれることでしょう。
北海道の大きな空の下で思い思いに音楽を感じて欲しい、そして1999初年度から変わらない “Do It Yourself”の精神と、互いを敬い心穏やかな気持ちを忘れずに、この広大な大地で大好きな音楽と一緒に朝日を迎えたいと願っています。

8月の開催日までにはまだ時間がありますが、それまでくれぐれも感染予防に努めていただき、体調に気をつけてお過ごしください。

最後に、1日も早く新型コロナウイルス感染症が終息することを願うとともに、医療従事者をはじめエッセンシャルワーカーの皆様に心からの敬意と感謝を表します。

WE RISE TOGETHER !!
僕達から音楽は奪えない。



株式会社 ウエス
RISING SUN ROCK FESTIVAL プロジェクトチーム